クリーニング豆知識

第百七十七回:「感動パンツ」

「クリーニング業に携わる人間からすると当然の事であっても、
お客様からすれば当然でない事はたくさんある」

常々感じていたそのギャップを少しでも埋めるため、このコラムでは、
クリーニング業者から見た、衣類に関する様々な豆知識を公開しています

バックナンバーは、こちら

第百七十七回は、「クリーニング屋から見た、すごいズボン」について


ユニクロの「感動パンツ」

大ヒットしたため、名前は知っている、と言う方も多いのではないでしょうか

他社から類似品がたくさん出たこともあり、
履いている人がたくさんいる、一般的なデザインになりました

その
「感動パンツ」ですが、クリーニング業に従事する者として
「『服にこだわりはないけど、ダサイのはイヤ』と思っている人は、
みんな感動パンツ系で良いのでは」
・・・と思うほど、製品として優れています


製品として特に優れている点を挙げると
@何十回と洗っても、そこまで縮まない耐久性
A無難な、でもダサくないデザイン
B定番を抑えたカラーバリエーション


・・・の3つになります
今回は、簡単に@〜Bの点について、
クリーニング業に従事する人の視点から解説します


@何十回洗っても、そこまで縮まない耐久性

ユニクロの服は、基本的に何十回と洗っても、
そこまで縮まないように出来ていますが、
「目立つ・目立たない」「気になる・気にならない」があります


ズボンの場合、洗っている内に足の部分が
「縫い目に引っ張られるように」縮んで来て、
色や柄、素材によっては非常に目立ちます

これは、縫い糸と生地の収縮率に違いがあるため、発生する現象ですが
感動パンツも全く縮まないと言う事はないものの

きちんと伸ばした上でプレスすることで、
縮みがかなり目立たくなるズボンの一つであると思います


全てのユニクロのズボンは、縮みが目立たないと言う事ではなく
柔らかい、あるいは薄い生地のズボンは、やはり目立ちます


その点、感動パンツはそこまで薄い生地ではないため、
何十回と洗って縮んで来ても、縮みが目立ちません


A無難な、でもダサくないデザイン

「ユニクロ=ダサい」と思って、絶対にユニクロの服は着ない、
と決めている方は世の中に多くいます

ただ、感動パンツは、既に幅広い価格帯の類似品が出ていて
一目でユニクロの感動パンツだと分かる、
・・・と言う人も、中々いないでしょう



デザインは非常にシンプルな製品ですが
安っぽい、素っ気ないと言うデザインではなく

価格が何倍もする、他社の類似品と比較してもパッと見では分からない
非常に良く出来たシルエットだといつも思います、



B定番を抑えたカラーバリエーション

相手に清潔感を与える、水色や青

落ち着いた印象を与える、グレーなど
デザインと同様、カラーバリエーションも非常に無難です

他社から、
「デザインは感動パンツと同じ、でもユニクロにはない色」
と言うズボンはたくさん出ており、実際にお受けする事も多いのですが

「このパンツのデザインや色が原因で、相手に嫌われる事はないだろう」
・・・と言う意味では、やはり感動パンツが一番無難です



前述のように、
「ユニクロは絶対着ない」と決めている方も、世の中には多くいます
ただ、感動パンツのような優れた製品を見ると、
「それはそれで、ちょっと勿体ないのでは・・・」といつも感じます