陶芸体験注意事項

●服装について
汚れてもいい動きやすい(腕まくりのできる)服装でお越しください。
作陶は素手で行います。手首くらいまで汚れますので、腕時計や指輪はあらかじめ外しておいた方がいいです。
髪の長い方は、毛先に粘土がつく可能性がありますので、束ねるゴムなどをお持ちいただくことをおすすめします。
爪の長い方は、指先に粘土がつまります。手を洗ってもなかなか落ちません。

●作品について
体験時間にもご説明いたしますが、陶芸は造形の段階で空気が入ったり、水を含ませすぎたりすると、乾燥・焼成の段階で割れることがあります。割れないように作るには、というアドバイスはさせていただきますが、焼成時に割れてしまった作品はもう元には戻りません。そのまま送らせていただくことになりますのでご了承ください。

●体験スケジュール
説明(15分) 
準備・土練り(10分) 下準備をしながら粘土と慣れましょう。
作陶(80分) ついに作り始めます!夢中であっという間です。
ネーム入れ・釉薬選択・片付け・手洗いなど(15分) 5種類の中からかける釉薬(色)を選びます。また、誰の作品かわからなくならないよう、作品と紙に名前と釉薬番号を記入していただきます。発送の方は宅配便伝票も記入していただきます。

*電動ろくろは2台しかなく、講師はろくろに付きっきりとなりますので、手びねりが終了した方から順番にろくろで作陶していただくことになります。