その他

玄関

玄関。屋根の形が印象的です。
上についている彫り物は珍しいものだそうで、
「よく盗まれなかったねえ」と言われました。
大工さんは、一番気合が入ったところに、サインのような感覚で
このような彫り物を入れる習慣があったと聞きました。
ドアは割れていたりひびが入っていたり、
このままではとても無理です。
完成後。
屋根を塗ったのと、壁を塗ったのと、ドアの付け替え、
それからエントランス部分のコンクリはボロボロになって崩れていたので、
それらを修正しました。このあと、左右にそれぞれ立っている柱を入れ替えたいと思っています。
入口部分に置いた石に、NORAと彫ってあります。
看板を作ってくれた木工作家の中西さんが、あっという間に彫ってくれました。
さすが、彫りのプロです。
他にもいろんな細工がしてありますので、来た時は玄関に入る前にいろいろ探してみてください。
玄関内は、最初こんな感じでした。
ゴミだらけでしたが、その下に見えるたたきには、石が埋め込まれており、当時ではかなりハイカラな技だったそうです。
完成後の玄関内。
色を塗って、腰壁にしただけでも明るくなりました。
あまりに段差が高く、上がるのが大変だったため、
木を入れて一段増やしました。

トイレ

トイレです。こっちは男子用。女子用はこの左にありました。あまりの壮絶さに、写真を載せるのを控えてしまいましたので、皆さんの想像におまかせします(怖)。
このエリアは、上水道も下水道も来ていないので、もちろんボットンです。
とりあえず、ドアをつけました。ドアすらついていなかったのです。
工事期間中、男子は平気でしてましたけど(小の時だけね)、女子は近くの公園のトイレまで行っていたのです。
男子トイレがあった方は、便器を外して細工をし、物置としてしまいました。
女子トイレも、もともとあった便器は外し、床も作り直し、便器もボットン用洋式に替えました。
やっとこのトイレを使う気になりました。
壁の色を塗り替え、とりあえず中は完成。
便槽内に換気扇をつけたり、他もろもろの工事をしました。
このあと、手洗い場所を作る作業が残っています。