プライベートルーム

最初はこんな感じ。
和室2間続きだったものを1部屋にして使います。
古い合板をバリバリと剥がしていったら、下から裕ちゃんの切り抜きが出てきました。
若い!アイドルだった頃の、明星の切り抜きでした(笑)
横の窓は外してしまいました。
そしてさらに、壁ごとぶち抜いてしまいました!
そこには、不二家のショーウインドウとして使われていた窓ガラスが入りました。約2メートル四方ある、かなり大きな窓です。
もう片方の壁も同じくぶち抜きます。
外ではトマトがなっています(笑)
外から見るとこんな感じ。
ふすまで仕切っていた隣りの部屋との境界には、壁を作ってしまいます。
木を組んでいきます。
そしてビニールを貼ります。
その上から石膏ボード(12ミリ)を貼っていきます。
これまた戴いてきた、明かり取りの小窓が入ります。
まだ仮止めね。
壁がもう劣化してきて崩れてくる恐れがあるので、垂木を組んで二重壁にします。
ものすごい手間だったみたい。
で、ここにも石膏ボードを貼っていきます。
だいぶ貼りました。ボードとボードの継ぎ目にはメッシュテープというストッキングのようなテープを貼ります。
そしてそのメッシュテープの上と、ビスの上にパテを塗って凸凹をなくします。
押入れだった部分も中板を取り外してこのとおり。
ベルアートという珪藻土入りの塗料を塗って、部屋らしくなりました。
押入れだった所も塗り終えて、色塗りはほぼ終了。
ぶち抜いたもう片方には小窓と勝手口がつきました。
そしてその上には便利な棚が。
中はこのあと塗ることになります。
他の棚や飾り板も、色を塗って完成。
外壁も大工事となりました。
もともと貼られていた外壁材は剥がし、アルミックシートという断熱・防水効果のあるシートを貼ります。
そしてその上からスタイロフォームという断熱材を貼り、さらに暖か仕様に。
外壁材をバシバシと貼っていきます。
お〜!新築みたいでちょっと照れる★
今度は床作り。
床に垂木を組み、断熱材を入れてビニールを貼ります。
その上にコンパネを貼っていきます。
ついに床材を貼っていきます。これもいただいた中古のフローリングなので、ゆがんでたりひのってたり、はめるの大変。
床貼りは貴男ちゃんも頑張りました。ありがとう♪
床貼り完了!きれいに磨いてワックスを塗れば味のあるフローリングになりました♪
荷物も徐々に運び込まれてきました〜
春は満開の桜、秋には鮮やかな紅葉、そして冬はふらのスキー場のゲレンデと、四季折々に美しい「なまこ山」を一望する、我が家で一番眺めのいい場所は、政宗のものとなりました。「ムネオハウス」と呼ばれています(笑)。
おまけ。
勝手口を外から見た図。
実は、半年もほったらかしで、雨が降るとドアや窓の部分から雨が入ってきていたのですが、やっと整備されました。
ドアの取っ手が(見えづらいですが)カワイイ♪持ち手がグニャグニャ動くので、そのつどカタチが違うのです。