これはゾンビですか?


  「はい、魔装少女です」

スタッフ

脚本:上江洲誠
絵コンテ:金ア貴臣
演出:吉田俊司
総作画監督:八尋裕子
作画監督:たとば丈
原画:飯野堅一 岩井優器 高橋しんや 清水博明 松永香苗 
     伊藤依織子 藤本真由 手島典子 山田歩 水村良男 村松尚雄 
     ひのたかふみ 飯田宏義 谷口守泰 日根野優子 増田朋世
アイキャッチ/予告イラスト:岩永悦宜
動画検査:赤堀隆一 戸川綾子
動画:浅利歩惟 表むつ美 仲川明希 宮崎里美 芝本彩夏 延原弘治 
     アニメアール ゴーハンズ エーライン ECHO
3DCG:うみどり 濱村敏郎 渡邊清乃 樋本悠貴 栗林裕紀 今垣佳奈 井上圭介
色指定:北爪英子
仕上げ検査:安住唯
ペイント:新井こずえ 津茂谷知里 ECHO
背景:スタジオ・イースター 市倉敬 小野寺美由紀 高須賀真二 
                   清水健太 三宅正人
撮影:め組 坂本彬恵 浜尾繁光 小松紀恵
アニメーションツール Animo
特殊効果:斉藤丈史
編集助手:小池祐樹
ビデオ編集:東京現像所 瀬賀弘光 藤村政樹
音響効果:小山恭正
録音エンジニア:武藤雅人
アシスタントエンジニア:郡司哲也
録音スタジオ:グロービジョン
音響制作:グロービジョン
音響制作担当:岸田直樹 宮葉直子
宣伝:西山洋介 山下宏 小倉理絵 田尻カンナ
企画協力:森丘めぐみ(富士見書房) ファンタジア文庫編集部 
        ドラゴンマガジン編集部 ドラゴンエイジ編集部
予告シナリオ:木村心一
ロゴデザイン:舩山潮
小説連載:ドラゴンマガジン
コミック連載:月刊ドラゴンエイジ 『これはゾンビですか?』作画:さっち 
                       『これはゾンビですか?はい、4コマ風味です』作画:むうば
         月間コンプエース 『これはゾンビですか?はい、アナタの嫁です』作画:長谷見亮
アシスタント・プロデューサー:倉兼千晶(角川書店)
協力:松本美緒(NTT DOCOMO) 尾形光広(角川メディアハウス) 
     松田啓次 深澤健太郎 松谷明子 アニメNewtypeチャンネル
アニメーション制作:スタジオディーン
制作担当:藤川仁志
制作進行:平林拓真
設定制作:株本毅
製作:リフレイン年ライジング組

キャスト

相川歩:間島淳司
ユー:月宮みどり
ハルナ:野水伊織
織戸:吉野裕行
平松妙子:山口理恵
三原かなみ:美名
下村:瀧澤樹
ザリー:三宅健太
クマッチ:谷井あすか
サラリーマン:藤吉浩二
アナウンサー:榊原奈緒子
漫才師:東京タイツ
妄想ユー:三石琴乃

コメント

11年冬の新番組その7。
原作未読。
タイトルの奇抜さ秀逸さで言えば、間違いなく今期1番。
主人公が脈絡もなく既にゾンビだったり、西洋甲冑を着た少女がちゃぶ台の前に座り込んでいたり、唐突に魔法少女(正確には魔装少女)が現れてメガロなる化物をバトルを繰り広げたりと、エキセントリックなキャラ設定と突拍子もない展開の連続で唖然とさせられる。
こういう言い方は差別的なのかもしれないが、いかにもラノベらしい薄っぺらな設定と典型的なキャラ配置の作品と言った印象。ただ、だからなのか何とも言えない奇妙な勢いのようなものはあって、お話自体も支離滅裂ではあるが、緩急などもしっかりしていて意外と見られてしまう。また演出作画のレベルも思ったより高くて、都合2度あるバトルシーンもなかなかしっかりと作りこまれている。
冒頭トラックに跳ね飛ばされた主人公が何故か素っ裸になってしまうシーンには笑ってしまうが、魔装少女への変装バンクシーンでのあえぎ声とかは流石に悪趣味過ぎるだろうと思う。
そういえば、妄想ユーの三石琴乃ボイスが、ちょーぶりっこボイスなのにはちょっと噴いた。久しぶりにこういう声聞いたけど、何だか無理のある感が、無表情無感情的なユーに限ってそんな内面はないだろう。って感じを狙ってのチョイスだったら、大したものではある。
この奇抜な設定などが気にならなくなれば、結構面白く見られるのではないか。という気がする。【K1】(11/1/17)


  「いえ、吸血忍者です」

スタッフ

脚本:上江洲誠
絵コンテ:金ア貴臣
演出:嵯峨敏
総作画監督:森本浩文
作画監督:前澤弘美
原画:野道佳代 竹島照子 今富美子 崎山知明 南伸一郎 野村葉子 
    川島宏 能地清 大沢正典 松永香苗 鰐淵和彦 関本渡 嘉村弘之 
    飯村真一 金田英二 臼井篤史 菅野愛 平林孝 松竹徳幸 渋谷勤
    リバティ
アイキャッチ/予告イラスト:岩永悦宜
動画検査:赤堀隆一 戸川綾子
動画:浅利歩惟 表むつ美 仲川明希 宮崎里美 芝本彩夏 延原弘治 
     スタジオイゼナ 武遊 マーヴィージャック ECHO
3DCG:うみどり 濱村敏郎 渡邊清乃 樋本悠貴 栗林裕紀 今垣佳奈 井上圭介
色指定:安住唯
仕上げ検査:北爪英子
ペイント:新井こずえ 津茂谷知里 ECHO
背景:スタジオ・イースター 市倉敬 小野寺美由紀 高須賀真二 
                   清水健太 三宅正人
撮影:め組 近藤慎与 武藤弥生 米澤寿 宇那手貴子
アニメーションツール Animo
特殊効果:斉藤丈史
編集助手:小池祐樹
ビデオ編集:東京現像所 瀬賀弘光 藤村政樹
音響効果:小山恭正
録音エンジニア:武藤雅人
アシスタントエンジニア:郡司哲也
録音スタジオ:グロービジョン
音響制作:グロービジョン
音響制作担当:岸田直樹 宮葉直子
宣伝:西山洋介 山下宏 小倉理絵 田尻カンナ
企画協力:森丘めぐみ(富士見書房) ファンタジア文庫編集部 
        ドラゴンマガジン編集部 ドラゴンエイジ編集部
予告シナリオ:木村心一
ロゴデザイン:舩山潮
小説連載:ドラゴンマガジン
コミック連載:月刊ドラゴンエイジ 『これはゾンビですか?』作画:さっち 
                       『これはゾンビですか?はい、4コマ風味です』作画:むうば
         月間コンプエース 『これはゾンビですか?はい、アナタの嫁です』作画:長谷見亮
アシスタント・プロデューサー:倉兼千晶(角川書店)
協力:松本美緒(NTT DOCOMO) 尾形光広(角川メディアハウス) 
     松田啓次 深澤健太郎 松谷明子 アニメNewtypeチャンネル
アニメーション制作:スタジオディーン
制作担当:藤川仁志
制作進行:船戸彩 平林拓真
設定制作:株本毅
製作:リフレイン年ライジング組

キャスト

相川歩:間島淳司
ユー:月宮みどり
ハルナ:野水伊織
セラ:日笠陽子
織戸:吉野裕行
生徒:瀧澤樹
     本多真梨子
     堀川千華
現国教師:藤吉浩二
妄想ユー:かないみか

コメント

吸血+忍者で吸血忍者って、その2を掛け合わせる意味あるんかいな。と首を傾げたくなってしまう。
前回三石琴乃だった妄想ユーのCVが今回はなんと、かないゆかに。毎回キャスティングを変更するという無駄な凝りように笑ってしまう。しかもチョイスが微妙に古いセンスなのも個人的には嬉しいような、笑えるような感じ。こういうヘンな拘わりはわりかし好きです。【K1】(11/1/23)


  「そう、髪型はツインテールに」

スタッフ

脚本:待田堂子 上江洲誠
絵コンテ:井出安軌
演出:中山敦史
総作画監督:八尋裕子
作画監督:鈴木美音織
原画:齊藤育実 三島千枝 反町司 高橋はつみ 石井景子 
     小池恵 纐纈真澄 鈴木美音織 八尋裕子
第二原画:Big Owl Def.C
アイキャッチ/予告イラスト:岩永悦宜
動画検査:デジタルネットワークアニメーション
動画:中村プロダクション アニメアール Big Owl
3DCG:うみどり 濱村敏郎 渡邊清乃 樋本悠貴 栗林裕紀 今垣佳奈 井上圭介
色指定/仕上げ検査:中川智江
ペイント:中川智江 伊藤裕香 スタジオエル Big Owl
背景:スタジオ・イースター 市倉敬 小野寺美由紀 高須賀真二 
                   清水健太 三宅正人
撮影:毛利善隆 長牛豊
編集助手:小池祐樹
ビデオ編集:東京現像所 瀬賀弘光 藤村政樹
音響効果:小山恭正
録音エンジニア:武藤雅人
アシスタントエンジニア:郡司哲也
録音スタジオ:グロービジョン
音響制作:グロービジョン
音響制作担当:岸田直樹 宮葉直子
宣伝:西山洋介 山下宏 小倉理絵 田尻カンナ
企画協力:森丘めぐみ(富士見書房) ファンタジア文庫編集部 
        ドラゴンマガジン編集部 ドラゴンエイジ編集部
予告シナリオ:木村心一
ロゴデザイン:舩山潮
小説連載:ドラゴンマガジン
コミック連載:月刊ドラゴンエイジ 『これはゾンビですか?』作画:さっち 
                       『これはゾンビですか?はい、4コマ風味です』作画:むうば
         月間コンプエース 『これはゾンビですか?はい、アナタの嫁です』作画:長谷見亮
アシスタント・プロデューサー:倉兼千晶(角川書店)
協力:松本美緒(NTT DOCOMO) 尾形光広(角川メディアハウス) 
     松田啓次 深澤健太郎 松谷明子 アニメNewtypeチャンネル
アニメーション制作:スタジオディーン
制作担当:藤川仁志
制作進行:戸田武志
設定制作:株本毅
制作協力:デジタルネットワークアニメーション
製作:リフレイン年ライジング組

キャスト

相川歩:間島淳司
ユー:月宮みどり
ハルナ:野水伊織
セラ:日笠陽子
織戸:吉野裕行
京子:下屋則子
平松妙子:山口理恵
三原かなみ:美名
下村:瀧澤樹
クマッチ:谷井あすか
ザリー:三宅健太
女生徒:本多真梨子
      合田彩
漫才師:東京タイツ
妄想ユー:金田明子

コメント

プリンを巡るヒロインたちのしょーもないバトルを、気合の入った作画と仕上げであざといアングルやポーズで見せまくる、どこのグラビア写真ですか、って感じの画が眼福だった。
セラの巨乳の胸の谷間も良いが、個人的にはハルナのだぶついたシャツからのぞく鎖骨とか貧乳がたまらなかった。
アバンの奇妙にもほどがある目覚まし時計やらファーストフード店で貰える謎の覆面のおまけとか、さらには暑苦しいアイキャッチなど、ほんとーにつまらないネタなんだけれども、思い切り全力投球してこられると、何だか面白く感じてくるから不思議。
織戸の妄想劇場もイタさが笑える感じになっていて良かった。
この作品、第1話を見たときから思っていたけれども、何だか不思議な魅力があるなぁ。【K1】(11/1/30)


  「ちょ、俺輝いてる?」

スタッフ

脚本:森田繁
絵コンテ:斉藤哲人
演出:吉田俊司
総作画監督:森本浩文
作画監督:浅井昭人
原画:高橋しんや 津熊健徳 寺田浩之 五十川礼 藤原千帆 高橋敦子 
    高橋照夫 松村尚雄 南伸一郎 百瀬恵美子 池田佳織 上西麻耶 
    大源加奈子 吉崎雅博 飯田宏義 清水博明 吉田尚人
アイキャッチ/予告イラスト:岩永悦宜
動画検査:赤堀隆一 戸川綾子
動画:浅利歩惟 表むつ美 仲川明希 宮崎里美 芝本彩夏 延原弘治 
     スタジオコクピット ディオメディア ライジングフォース ECHO
3DCG:うみどり 濱村敏郎 渡邊清乃 樋本悠貴 栗林裕紀 今垣佳奈 井上圭介
色指定:安住唯
仕上げ検査:北爪英子
ペイント:新井こずえ 津茂谷知里 ECHO
背景:スタジオ・イースター 市倉敬 小野寺美由紀 高須賀真二 
                   清水健太 三宅正人
撮影:め組 坂本彬恵 浜尾繁光 小松紀恵
アニメーションツール Animo
特殊効果:斉藤丈史
編集助手:小池祐樹
ビデオ編集:東京現像所 瀬賀弘光 藤村政樹
音響効果:小山恭正
録音エンジニア:武藤雅人
アシスタントエンジニア:郡司哲也
録音スタジオ:グロービジョン
音響制作:グロービジョン
音響制作担当:岸田直樹 宮葉直子
宣伝:西山洋介 山下宏 小倉理絵 田尻カンナ
企画協力:森丘めぐみ(富士見書房) ファンタジア文庫編集部 
        ドラゴンマガジン編集部 ドラゴンエイジ編集部
予告シナリオ:木村心一
ロゴデザイン:舩山潮
小説連載:ドラゴンマガジン
コミック連載:月刊ドラゴンエイジ 『これはゾンビですか?』作画:さっち 
                       『これはゾンビですか?はい、4コマ風味です』作画:むうば
         月間コンプエース 『これはゾンビですか?はい、アナタの嫁です』作画:長谷見亮
アシスタント・プロデューサー:倉兼千晶(角川書店)
協力:松本美緒(NTT DOCOMO) 尾形光広(角川メディアハウス) 
     松田啓次 深澤健太郎 松谷明子 アニメNewtypeチャンネル
アニメーション制作:スタジオディーン
制作担当:藤川仁志
制作進行:野邉伸泰
設定制作:株本毅
製作:リフレイン年ライジング組

キャスト

相川歩:間島淳司
ユー:月宮みどり
ハルナ:野水伊織
セラ:日笠陽子
織戸:吉野裕行
ケルベロス:安元洋貴
漫才師:東京タイツ
妄想ユー:皆口裕子

コメント

歩がユーになぜこのタイミングで今まで放り出しておいた疑問点を問いただすのか今ひとつ納得できない。
ただ、その後でのAAA級メガロ・シロナガとのバトルはなかなか迫力満点で見ごたえがある。街を覆い尽くすほどの巨体に、ハルナ・セラとの初共闘、そして成層圏上空からのトドメのキックのインパクト。どれも今までのバトル以上の迫力だった。
歩のパンチラは正直余計だけれども(苦笑)。
病院で殺害された?京子の姿での引きも次回への興味を掻き立てる。【K1】(11/2/7)


  「ええ、京豆腐どすえ〜」

スタッフ

脚本:森田繁
絵コンテ/演出:嵯峨敏
総作画監督:八尋裕子
作画監督:日下岳史
原画:飯野堅一 北村友幸 清水博明 日下岳史 野澤綾子 手島典子 
    鷲田敏弥 飯田宏義 笠原彰 岩井優器 小野可奈子
    リバティ G&G
アイキャッチ/予告イラスト:岩永悦宜
動画検査:赤堀隆一 戸川綾子
動画:浅利歩惟 表むつ美 仲川明希 宮崎里美 芝本彩夏 延原弘治 
     ECHO
3DCG:うみどり 濱村敏郎 渡邊清乃 樋本悠貴 栗林裕紀 今垣佳奈 井上圭介
色指定:北爪英子
仕上げ検査:安住唯
ペイント:新井こずえ 津茂谷知里 ECHO
背景:スタジオ・イースター 市倉敬 小野寺美由紀 高須賀真二 
                   清水健太 三宅正人
撮影:め組 坂本彬恵 浜尾繁光 小松紀恵
アニメーションツール Animo
特殊効果:斉藤丈史
編集助手:小池祐樹
ビデオ編集:東京現像所 瀬賀弘光 藤村政樹
音響効果:小山恭正
録音エンジニア:武藤雅人
アシスタントエンジニア:郡司哲也
録音スタジオ:グロービジョン
音響制作:グロービジョン
音響制作担当:岸田直樹 宮葉直子
宣伝:西山洋介 山下宏 小倉理絵 田尻カンナ
企画協力:森丘めぐみ(富士見書房) ファンタジア文庫編集部 
        ドラゴンマガジン編集部 ドラゴンエイジ編集部
予告シナリオ:上江洲誠
ロゴデザイン:舩山潮
小説連載:ドラゴンマガジン
コミック連載:月刊ドラゴンエイジ 『これはゾンビですか?』作画:さっち 
                       『これはゾンビですか?はい、4コマ風味です』作画:むうば
         月間コンプエース 『これはゾンビですか?はい、アナタの嫁です』作画:長谷見亮
アシスタント・プロデューサー:倉兼千晶(角川書店)
協力:松本美緒(NTT DOCOMO) 尾形光広(角川メディアハウス) 
     松田啓次 深澤健太郎 松谷明子 アニメNewtypeチャンネル
アニメーション制作:スタジオディーン
制作担当:藤川仁志
制作進行:平林拓真
設定制作:株本毅
製作:リフレイン年ライジング組

キャスト

相川歩:間島淳司
ユー:月宮みどり
ハルナ:野水伊織
セラ:日笠陽子
織戸:吉野裕行
大先生:清水愛
京子:下屋則子
トモノリ:金元寿子
老婆:安芸けい子
ナース:山口理恵
      美名
店員:瀧澤樹
漫才師:東京タイツ
妄想ユー:こおろぎさとみ


  「そう、私は死を呼ぶもの」

スタッフ

脚本:上江洲誠
絵コンテ:井出安軌
演出:平田豊
総作画監督:森本浩文
作画監督:堀越久美子 加藤万由子
原画:高橋しんや 松竹徳幸 飯村真一 飯田義宏 南伸一郎 能地清 加瀬政広 
     竹内真弓 岩井優器 崎山知明 金田英二 重松佐和子 清水博明 
     昆富美子 野村葉子 臼井篤史 平林孝 平林美智代 穂岐山薫 
     ワンパック トイボックス
アイキャッチ/予告イラスト:岩永悦宜
動画検査:赤堀隆一 戸川綾子
動画:浅利歩惟 表むつ美 仲川明希 宮崎里美 芝本彩夏 延原弘治 
     ユーフォーテーブル 武遊 ECHO
3DCG:うみどり 濱村敏郎 渡邊清乃 樋本悠貴 栗林裕紀 今垣佳奈 井上圭介
色指定:安住唯
仕上げ検査:北爪英子
ペイント:新井こずえ 津茂谷知里 ECHO
背景:スタジオ・イースター 市倉敬 小野寺美由紀 植田渓史
撮影:め組 坂本彬恵 浜尾繁光 小松紀恵
アニメーションツール Animo
特殊効果:斉藤丈史
編集助手:小池祐樹
ビデオ編集:東京現像所 瀬賀弘光 藤村政樹
音響効果:小山恭正
録音エンジニア:武藤雅人
アシスタントエンジニア:郡司哲也
録音スタジオ:グロービジョン
音響制作:グロービジョン
音響制作担当:岸田直樹 宮葉直子
宣伝:西山洋介 山下宏 小倉理絵 田尻カンナ
企画協力:森丘めぐみ(富士見書房) ファンタジア文庫編集部 
        ドラゴンマガジン編集部 ドラゴンエイジ編集部
予告シナリオ:木村心一
ロゴデザイン:舩山潮
小説連載:ドラゴンマガジン
コミック連載:月刊ドラゴンエイジ 『これはゾンビですか?』作画:さっち 
                       『これはゾンビですか?はい、4コマ風味です』作画:むうば
         月間コンプエース 『これはゾンビですか?はい、アナタの嫁です』作画:長谷見亮
アシスタント・プロデューサー:倉兼千晶(角川書店)
協力:松本美緒(NTT DOCOMO) 尾形光広(角川メディアハウス) 
     松田啓次 深澤健太郎 松谷明子 アニメNewtypeチャンネル
アニメーション制作:スタジオディーン
制作担当:藤川仁志
制作進行:船戸彩
設定制作:株本毅
制作協力:デジタルネットワークアニメーション
製作:リフレイン年ライジング組

キャスト

相川歩:間島淳司
ユー:月宮みどり
ハルナ:野水伊織
セラ:日笠陽子
織戸:吉野裕行
大先生:清水愛
夜の王:遊佐浩二
京子:下屋則子
ケルベロス:安元洋貴
ザリー:三宅健太
研究員:瀧澤樹
      佳月大人
妄想ユー:丹下桜

コメント

殺人鬼との対決は、不死者同士による自らの、互いの身体を破壊し尽くす凄惨なバトルで、主人公が女装魔法少女というイロモノ(笑)であることを思わず忘れてしまうようなハードな内容だった。貫かれ、両断され、切り刻まれる全裸(にマントの)美少女ってのも、フェチ度があってポイントが高い。【K1】(11/2/24)


  「おい、お前どこ中だよ?」

スタッフ

脚本:待田堂子 
絵コンテ:金ア貴臣
演出:中山敦史
総作画監督:八尋裕子
作画監督:鈴木美音織 八尋裕子
原画:山下敏成 福山映二 澤口裕也
     スタジオバンビーノ 扇多恵子 諸正麻美 木内千鶴
     齊藤育実 三島千枝 反町司 高橋はつみ 石井景子 
     小池恵 纐纈真澄 飯野堅一 八尋裕子
第二原画:Big Owl
アイキャッチ/予告イラスト:岩永悦宜
動画検査:デジタルネットワークアニメーション
動画:中村プロダクション Big Owl
3DCG:うみどり 濱村敏郎 渡邊清乃 樋本悠貴 栗林裕紀 今垣佳奈 井上圭介
色指定/仕上げ検査:中川智江
ペイント:中川智江 伊藤裕香 スタジオエル Big Owl
背景:スタジオ・イースター 市倉敬 若林里紗 植田渓史 三宅正人
撮影:毛利善隆 長牛豊
編集助手:小池祐樹
ビデオ編集:東京現像所 瀬賀弘光 藤村政樹
音響効果:小山恭正
録音エンジニア:武藤雅人
アシスタントエンジニア:郡司哲也
録音スタジオ:グロービジョン
音響制作:グロービジョン
音響制作担当:岸田直樹 宮葉直子
宣伝:西山洋介 山下宏 小倉理絵 田尻カンナ
企画協力:森丘めぐみ(富士見書房) ファンタジア文庫編集部 
        ドラゴンマガジン編集部 ドラゴンエイジ編集部
予告シナリオ:木村心一
ロゴデザイン:舩山潮
小説連載:ドラゴンマガジン
コミック連載:月刊ドラゴンエイジ 『これはゾンビですか?』作画:さっち 
                       『これはゾンビですか?はい、4コマ風味です』作画:むうば
         月間コンプエース 『これはゾンビですか?はい、アナタの嫁です』作画:長谷見亮
アシスタント・プロデューサー:倉兼千晶(角川書店)
協力:松本美緒(NTT DOCOMO) 尾形光広(角川メディアハウス) 
     松田啓次 深澤健太郎 松谷明子 アニメNewtypeチャンネル
アニメーション制作:スタジオディーン
制作担当:藤川仁志
制作進行:戸田武志
設定制作:株本毅
制作協力:デジタルネットワークアニメーション
製作:リフレイン年ライジング組

キャスト

相川歩:間島淳司
ユー:月宮みどり
ハルナ:野水伊織
セラ:日笠陽子
大先生:清水愛
トモノリ:金元寿子
織戸:吉野裕行
サラス:合田彩
ウマメガロ:チョー
クラゲメガロ:新井里美
悪魔のようなサンタクロース:山口りゅう
店員:瀧澤樹
漫才師:東京タイツ
妄想ユー:松岡由貴

コメント

第2の吸血忍者トモノリ参上。
なぜ絶品の豚骨スープがメガロを退治するのかという疑問より、セラと敵対する吸血忍者のグループが怪しげな儀式で豚骨スープを作っていたり、歩たちをメガロから救うことのほうがよほど疑問なのだが…。
相変わらずのてきとーな構成には呆れ返ってしまう。このゆるさというかいいかげんさが、ある意味楽しくなりつつもあるのだが。ふつーに考えれば、単なる欠点でしかないよなぁ。【K1】(11/3/2)


  「えへ、学園妻です」

スタッフ

脚本:森田繁
絵コンテ:田頭しのぶ
演出:鈴木孝聡
総作画監督/作画監督:森本浩文
原画:立中順平 百瀬恵美子 伊藤依織子 津熊健徳 五十嵐礼 
     藤原千帆 高橋敦子 高橋照夫 高橋賢 小森良 小野可奈子 
     手塚江美 笠原彰 飯田宏義 清水博明 斉藤哲人
     リバティ
アイキャッチ/予告イラスト:岩永悦宜
動画検査:赤堀隆一 戸川綾子
動画:浅利歩惟 表むつ美 仲川明希 宮崎里美 芝本彩夏 延原弘治 
     ライジングフォース G&G ECHO
3DCG:うみどり 濱村敏郎 渡邊清乃 樋本悠貴 栗林裕紀 今垣佳奈 井上圭介
色指定:安住唯
仕上げ検査:北爪英子
ペイント:新井こずえ 津茂谷知里 ECHO
背景:スタジオ・イースター 市倉敬 若林里紗 植田渓史 三宅正人 小野寺美由紀
撮影:め組 坂本彬恵 浜尾繁光 小松紀恵
アニメーションツール Animo
特殊効果:斉藤丈史
編集助手:小池祐樹
ビデオ編集:東京現像所 瀬賀弘光 藤村政樹
音響効果:小山恭正
録音エンジニア:武藤雅人
アシスタントエンジニア:郡司哲也
録音スタジオ:グロービジョン
音響制作:グロービジョン
音響制作担当:岸田直樹 宮葉直子
宣伝:西山洋介 山下宏 小倉理絵 田尻カンナ
企画協力:森丘めぐみ(富士見書房) ファンタジア文庫編集部 
        ドラゴンマガジン編集部 ドラゴンエイジ編集部
予告シナリオ:木村心一
ロゴデザイン:舩山潮
小説連載:ドラゴンマガジン
コミック連載:月刊ドラゴンエイジ 『これはゾンビですか?』作画:さっち 
                       『これはゾンビですか?はい、4コマ風味です』作画:むうば
         月間コンプエース 『これはゾンビですか?はい、アナタの嫁です』作画:長谷見亮
アシスタント・プロデューサー:倉兼千晶(角川書店)
協力:松本美緒(NTT DOCOMO) 尾形光広(角川メディアハウス) 
     松田啓次 深澤健太郎 松谷明子 アニメNewtypeチャンネル
アニメーション制作:スタジオディーン
制作担当:藤川仁志
制作進行:野邉伸泰
設定制作:株本毅
製作:リフレイン年ライジング組

キャスト

相川歩:間島淳司
ユー:月宮みどり
ハルナ:野水伊織
セラ:日笠陽子
織戸:吉野裕行
トモノリ:金元寿子
夜の王:遊佐浩二
三原かなみ:美名
平松妙子:山口理恵
男子生徒:瀧澤樹
おばちゃん:片貝薫 
         中司ゆう花
漫才師:東京タイツ
妄想ユー:日高のり子

コメント

歩の嫁を自称するトモノリの登場によって、歩を取り巻く女性関係がにわかに色気づいてきた。
デレ期に突入したハルナに、目立たないクラスメイト・平松妙子の渡せない手作り弁当、三原かなみとトモノリのシャワーシーン、セラのネコ耳コスなど、全編に亘って色気のあるシーンが多く女の子たちの可愛らしい姿がいつも以上に堪能できたのが良かった。【K1】(11/3/11)


  「はい、脱ぐと凄いんです」

スタッフ

脚本:待田堂子
絵コンテ:金ア貴臣
演出:吉田俊司
総作画監督:八尋裕子
作画監督:工藤裕加
作画監督補:森本浩文
原画:笠原彰 佐藤利幸 松下純子 増田雄一郎 小原太一郎 
     清水博明 飯田宏義 森本由布希 荒川理恵 桜井正明 
     渋谷勤 高橋賢 藤原巧和 松村尚雄 井上哲 出野喜則
アイキャッチ/予告イラスト:岩永悦宜
動画検査:赤堀隆一 戸川綾子
動画:浅利歩惟 表むつ美 仲川明希 宮崎里美 
     芝本彩夏 延原弘治 羽田智織 
     ECHO D-MOTION サテライト トリプルA
3DCG:うみどり 濱村敏郎 渡邊清乃 樋本悠貴 栗林裕紀 今垣佳奈 井上圭介
色指定/仕上げ検査:北爪英子
ペイント:新井こずえ 津茂谷知里 ECHO
背景:スタジオ・イースター 市倉敬 若林里紗 植田渓史 三宅正人 小野寺美由紀
撮影:め組 坂本彬恵 浜尾繁光 小松紀恵
アニメーションツール Animo
特殊効果:斉藤丈史
編集助手:小池祐樹
ビデオ編集:東京現像所 瀬賀弘光 藤村政樹
音響効果:小山恭正
録音エンジニア:武藤雅人
アシスタントエンジニア:郡司哲也
録音スタジオ:グロービジョン
音響制作:グロービジョン
音響制作担当:岸田直樹 宮葉直子
宣伝:西山洋介 山下宏 小倉理絵 田尻カンナ
企画協力:森丘めぐみ(富士見書房) ファンタジア文庫編集部 
        ドラゴンマガジン編集部 ドラゴンエイジ編集部
予告シナリオ:木村心一
ロゴデザイン:舩山潮
小説連載:ドラゴンマガジン
コミック連載:月刊ドラゴンエイジ 『これはゾンビですか?』作画:さっち 
                       『これはゾンビですか?はい、4コマ風味です』作画:むうば
         月間コンプエース 『これはゾンビですか?はい、アナタの嫁です』作画:長谷見亮
アシスタント・プロデューサー:倉兼千晶(角川書店)
協力:松本美緒(NTT DOCOMO) 尾形光広(角川メディアハウス) 
     松田啓次 深澤健太郎 松谷明子 アニメNewtypeチャンネル
アニメーション制作:スタジオディーン
制作担当:藤川仁志
制作進行:本田竜馬
設定制作:株本毅
製作:リフレイン年ライジング組

キャスト

相川歩:間島淳司
ユー:月宮みどり
ハルナ:野水伊織
セラ:日笠陽子
織戸:吉野裕行
トモノリ:金元寿子
大先生:清水愛
夜の王:遊佐浩二
魔装兵器:相沢正輝

コメント

相変わらずお話の展開がよく分らないのだけれども、観覧車の破壊からトモノリに取り付いた魔装兵器の発動と、スケール感の大きさだけは伝わるようにはなっている。また派手なエフェクトが多用された爆破や攻撃は、それだけで見ごたえはあったので、見ていて退屈はしなかった。【K1】(11/3/20)


10  「いえ、それは爆発します」

スタッフ

脚本:待田堂子
絵コンテ:井出安軌
演出:宇井良和
総作画監督:森本浩文
作画監督:桜井正明 北原広大 松尾亜希子
原画:山崎浩平 古阪美津妃 出口としお 中西和也 杉山京子 
     笠原彰 松竹徳幸 芳垣佑介 星野真澄 重國浩子 木村友美 
     洞内梢 高橋賢 秋山一則 桂木杏 松本圭太 青木康哲
     リバティ
アイキャッチ/予告イラスト:岩永悦宜
動画検査:赤堀隆一 戸川綾子
動画:浅利歩惟 表むつ美 仲川明希 宮崎里美 芝本彩夏 延原弘治 
     ECHO
3DCG:うみどり 濱村敏郎 渡邊清乃 樋本悠貴 栗林裕紀 今垣佳奈 井上圭介
色指定:安住唯
仕上げ検査:北爪英子
ペイント:新井こずえ 津茂谷知里 ECHO
背景:スタジオ・イースター 市倉敬 若林里紗 植田渓史 三宅正人
設定補佐:イノセユキエ
撮影:め組 坂本彬恵 浜尾繁光 小松紀恵
アニメーションツール Animo
特殊効果:斉藤丈史
編集助手:小池祐樹
ビデオ編集:東京現像所 瀬賀弘光 藤村政樹
音響効果:小山恭正
録音エンジニア:武藤雅人
アシスタントエンジニア:郡司哲也
録音スタジオ:グロービジョン
音響制作:グロービジョン
音響制作担当:岸田直樹 宮葉直子
宣伝:西山洋介 山下宏 小倉理絵 田尻カンナ
企画協力:森丘めぐみ(富士見書房) ファンタジア文庫編集部 
        ドラゴンマガジン編集部 ドラゴンエイジ編集部
予告シナリオ:木村心一
ロゴデザイン:舩山潮
小説連載:ドラゴンマガジン
コミック連載:月刊ドラゴンエイジ 『これはゾンビですか?』作画:さっち 
                       『これはゾンビですか?はい、4コマ風味です』作画:むうば
         月間コンプエース 『これはゾンビですか?はい、アナタの嫁です』作画:長谷見亮
アシスタント・プロデューサー:倉兼千晶(角川書店)
協力:松本美緒(NTT DOCOMO) 尾形光広(角川メディアハウス) 
     松田啓次 深澤健太郎 松谷明子 アニメNewtypeチャンネル
アニメーション制作:スタジオディーン
制作担当:藤川仁志
制作進行:齋藤隆行
設定制作:株本毅
製作:リフレイン年ライジング組

キャスト

相川歩:間島淳司
ユー:月宮みどり
ハルナ:野水伊織
セラ:日笠陽子
織戸:吉野裕行
トモノリ:金元寿子
夜の王:遊佐浩二
サラス:合田彩
配達員:瀧澤樹
おばあちゃん:片貝薫

コメント

ユーの失踪から数ヶ月後。
季節が夏から冬へと移り変わって、どことなく寂寥感を感じさせる展開に物悲しい冬の雰囲気は良くあっているのだけれども。
正直、お話の組立のまずさは相変わらず。前回ユーの前に姿を現した夜の王が冬まで待っていた理由とか、全く意味が分らない。
ただ、夜の水族館で物憂げな表情で死んだように眠るペンギンの姿を見つめる夜の王とか、夜の王を前にしても全く普段と変わらないバカと紙一重の大物っぷりを見せるハルナの能天気さとか、細かい描写なんかは相変わらず良かったりする。【K1】(11/3/28)


11  「ああ、オレの所にいろ!」

スタッフ

脚本:森田繁
絵コンテ:斉藤哲人
演出:吉田俊司
総作画監督:八尋裕子
作画監督:清水勝祐 浅井昭人
原画:高橋しんや 飯野堅一 渋谷勤 南伸一郎 飯田宏義 
     清水博明 高橋照夫 笠原彰 富家真弓 岡鼻美樹 
     丸山翔子 野澤綾子 大谷猛 清水勝祐 浅井昭人 
     ヘバラギ
アイキャッチ/予告イラスト:岩永悦宜
動画検査:赤堀隆一 戸川綾子
動画:浅利歩惟 表むつ美 仲川明希 宮崎里美 芝本彩夏 延原弘治 
     ECHO
3DCG:うみどり 濱村敏郎 渡邊清乃 樋本悠貴 栗林裕紀 今垣佳奈 井上圭介
色指定:北爪英子
仕上げ検査:安住唯
ペイント:新井こずえ 津茂谷知里 ECHO
背景:スタジオ・イースター 市倉敬 若林里紗
     草薙 伊藤弘 内田勉 海野有紀 春日美波
設定補佐:イノセユキエ
撮影:め組 坂本彬恵 浜尾繁光 小松紀恵
アニメーションツール Animo
特殊効果:斉藤丈史
編集助手:小池祐樹
ビデオ編集:東京現像所 瀬賀弘光 藤村政樹
音響効果:小山恭正
録音エンジニア:武藤雅人
アシスタントエンジニア:郡司哲也
録音スタジオ:グロービジョン
音響制作:グロービジョン
音響制作担当:岸田直樹 宮葉直子
宣伝:西山洋介 山下宏 小倉理絵 田尻カンナ
企画協力:森丘めぐみ(富士見書房) ファンタジア文庫編集部 
        ドラゴンマガジン編集部 ドラゴンエイジ編集部
予告シナリオ:木村心一
ロゴデザイン:舩山潮
小説連載:ドラゴンマガジン
コミック連載:月刊ドラゴンエイジ 『これはゾンビですか?』作画:さっち 
                       『これはゾンビですか?はい、4コマ風味です』作画:むうば
         月間コンプエース 『これはゾンビですか?はい、アナタの嫁です』作画:長谷見亮
アシスタント・プロデューサー:倉兼千晶(角川書店)
協力:松本美緒(NTT DOCOMO) 尾形光広(角川メディアハウス) 
     松田啓次 深澤健太郎 松谷明子 アニメNewtypeチャンネル
アニメーション制作:スタジオディーン
制作担当:藤川仁志
制作進行:野邉伸泰
設定制作:株本毅
製作:リフレイン年ライジング組

キャスト

相川歩:間島淳司
ユー:月宮みどり
ハルナ:野水伊織
セラ:日笠陽子
大先生:清水愛
トモノリ:金元寿子
夜の王:遊佐浩二
サラス:合田彩

コメント

夜の王との最終決戦。次回は水着でサービス回なので、実質的な最終回。
前回あれほど里から手ひどく離縁されたセラが仲間の協力を得られていたり、とか相変わらず話の組立のまずさが目立つのだが、それでもその強引な力業に押し切られてしまうのは何故なんだろう。自分でも今ひとつ分らない。いい意味で開き直っているからというのはあるかもしれない。前回のラストであれだけ悲愴感たっぷりに自爆した歩の飛び散った肉片回収時の妙にほのぼのとした雰囲気や、陰惨なラストバトルとしんみりとしたヒロインズとの濡れ場の後でプールの招待券でうかれ上がるのーてん気さとかは、間違いなくこの作品の魅力になっている。
その歩と夜の王のどつき合いは、お互いの骨を砕き脳漿をぶちまける不死者同士の陰惨で激しいもので、またユーを巡っての激しい激情をぶつけ合うラストバトルに相応しい熱量を伴った作画・演出で、こちらは真っ当に良かった。【K1】(11/4/1)


12  「はい、まだ続きます」

スタッフ

脚本:上江洲誠
絵コンテ:金ア貴臣
演出:中山敦史
総作画監督:八尋裕子
作画監督:森本浩文
作画監督補:西山忍 清水勝祐
原画:野村葉子 金田英二 竹島照子 崎山知明 清水博明 能地清 
     高崎美里 野道佳代 昆富美子 笠原彰 岡本秀康 岡崎伸浩 
     日高真由美 岩井優器 飯田義宏 樋口靖子 今泉直子 平林孝 
     平林美智代 臼井篤史 南伸一郎 楠知津子 鰐淵和彦 松竹徳幸
アイキャッチ/予告イラスト:岩永悦宜
動画検査:赤堀隆一 戸川綾子
動画:浅利歩惟 表むつ美 仲川明希 宮崎里美 芝本彩夏 延原弘治 
     ECHO
3DCG:うみどり 濱村敏郎 渡邊清乃 樋本悠貴 栗林裕紀 今垣佳奈 井上圭介
色指定:安住唯
仕上げ検査:北爪英子
ペイント:新井こずえ 津茂谷知里 ECHO
背景:スタジオ・イースター 市倉敬 若林里紗 
設定補佐:イノセユキエ
撮影:め組 坂本彬恵 浜尾繁光 小松紀恵
アニメーションツール Animo
特殊効果:斉藤丈史
編集助手:小池祐樹
ビデオ編集:東京現像所 瀬賀弘光 藤村政樹
音響効果:小山恭正
録音エンジニア:武藤雅人
アシスタントエンジニア:郡司哲也
録音スタジオ:グロービジョン
音響制作:グロービジョン
音響制作担当:岸田直樹 宮葉直子
宣伝:西山洋介 山下宏 小倉理絵 田尻カンナ
企画協力:森丘めぐみ(富士見書房) ファンタジア文庫編集部 
        ドラゴンマガジン編集部 ドラゴンエイジ編集部
予告シナリオ:木村心一
ロゴデザイン:舩山潮
小説連載:ドラゴンマガジン
コミック連載:月刊ドラゴンエイジ 『これはゾンビですか?』作画:さっち 
                       『これはゾンビですか?はい、4コマ風味です』作画:むうば
         月間コンプエース 『これはゾンビですか?はい、アナタの嫁です』作画:長谷見亮
アシスタント・プロデューサー:倉兼千晶(角川書店)
協力:松本美緒(NTT DOCOMO) 尾形光広(角川メディアハウス) 
     松田啓次 深澤健太郎 松谷明子 アニメNewtypeチャンネル
アニメーション制作:スタジオディーン
制作担当:藤川仁志
制作進行:船戸彩
設定制作:株本毅
挿入歌:『キラキラダイアモンド』 作詞:中野愛子 作曲/編曲:水野大輔 歌:サラスバティ
      『吸血ヴィーナス』 作詞:中野愛子 作曲/編曲:水野大輔 歌:セラフィム&サラスバティ
      『そりゃ魔装でしょ!Rock'n Roll』 作詞/作曲/編曲:manzo 歌:ハルナ
      『素顔』 作詞:中野愛子 作曲/編曲:柿島伸次 歌:ユークリウッド・ヘルサイズ
製作:リフレイン年ライジング組

キャスト

相川歩:間島淳司
ユー:月宮みどり
ハルナ:野水伊織
セラ:日笠陽子
大先生:清水愛
トモノリ:金元寿子
サラス:合田彩
織戸:吉野裕行
三原かなみ:美名
平松妙子:山口理恵
下村:瀧澤樹
プロデューサー:藤吉浩二
ファン:山本和臣
     江藤博樹
     岡哲也

コメント

オールヒロインの水着ご披露に、さらには各ヒロインのキャラソン販促とありったけのサービスをつぎ込んだ最終話。
この作品らしいまともなサービスにならずに、「何でこうなった…」と、登場人物たち自身にまで言わしめる暴走っぷりが楽しい。
セラの肉感たっぷりの重量級の膨らみやら、狙いまくりのユーのスク水などの水着も眼福だったが、サラスのアイドルステージ降臨からの暴走っぷりが圧巻だった。
お色気過多のアイドルコスに。個人的には安っぽいフラッシュアニメで描かれたようないかにもてきとーな感じの観客のモブ(笑)。そしてハルナちゃんのステージ登場から、さらに迷走を始めるありえない盛り上がりっぷりとか。
そしてそびえ立つミストルティン先生があからさまに男根の象徴過ぎて笑える。もちろん、ラストのマイクロビキニはとても眼福でございました。最後に相応しいサービスでした。ごちそうさまでした。感謝の念を込めつつ☆×2。
この作品の良い所の出た最終話だった。よく言えばおおらか。悪く言えば支離滅裂な印象を受ける作品ではあるが、不思議な勢いがあるのも事実で毎回目の離せない魅力があった。作画や演出のレベルが何気に高かったのも、その要因の1つではあるが、何よりもキャラの魅力でもっていたように思われる。
タイトル通りに続編の存在を匂わせる最終回なんで、当然のように第2期への期待も高まります。【K1】(11/4/9)


13  はい、これが100%の奇跡です

スタッフ

脚本:待田堂子
絵コンテ:田頭しのぶ
演出:吉田俊司
総作画監督:八尋裕子
作画監督:伊藤依織子 松永香苗
原画:川崎愛香 小森良 野澤綾子 杉本通明 
     伊藤依織子 清水博明 岩井優器 松永香苗

13  ようこそ!危険地帯へ

スタッフ

脚本:上江洲誠
絵コンテ:斉藤哲人
演出:中山敦史
総作画監督:八尋裕子
作画監督:加藤まゆこ
原画:秋山由樹子 三宅雄一郎 津熊健徳 五十川礼 藤原千帆 
     石川洋一 小島正士 斉藤哲人 室井ふみえ 中嶋敦子

13  一年で一番床を叩かれる日

スタッフ

脚本:森田繁
絵コンテ:金ア貴臣
演出:中山敦史
総作画監督:八尋裕子
作画監督:高橋敦子
原画:宮本武士 野澤綾子 鵜池一馬 川崎愛香 三木達也 リバティ 高橋敦子

アイキャッチイラスト:岩永悦宜
動画検査:赤堀隆一 戸川綾子
動画:浅利歩惟 表むつ美 仲川明希 宮崎里美 芝本彩夏 延原弘治 
     ECHO
3DCG:うみどり 濱村敏郎 渡邊清乃 樋本悠貴 栗林裕紀 今垣佳奈 井上圭介
色指定:北爪英子
仕上げ検査:安住唯
ペイント:新井こずえ 津茂谷知里 ECHO
背景:スタジオ・イースター 市倉敬 若林里紗 
設定補佐:イノセユキエ
撮影:め組 坂本彬恵 浜尾繁光 小松紀恵
アニメーションツール Animo
特殊効果:斉藤丈史
編集助手:小池祐樹
ビデオ編集:東京現像所 瀬賀弘光 藤村政樹
音響効果:小山恭正
録音エンジニア:武藤雅人
アシスタントエンジニア:郡司哲也
録音スタジオ:グロービジョン
音響制作:グロービジョン
音響制作担当:岸田直樹 宮葉直子
宣伝:西山洋介 山下宏 小倉理絵 田尻カンナ
企画協力:森丘めぐみ(富士見書房) ファンタジア文庫編集部 
        ドラゴンマガジン編集部 ドラゴンエイジ編集部
ロゴデザイン:舩山潮
小説連載:ドラゴンマガジン
コミック連載:月刊ドラゴンエイジ 『これはゾンビですか?』作画:さっち 
                       『これはゾンビですか?はい、4コマ風味です』作画:むうば
         月間コンプエース 『これはゾンビですか?はい、アナタの嫁です』作画:長谷見亮
アシスタント・プロデューサー:倉兼千晶(角川書店)
協力:松本美緒(NTT DOCOMO) 尾形光広(角川メディアハウス) 
     松田啓次 深澤健太郎 松谷明子 アニメNewtypeチャンネル
アニメーション制作:スタジオディーン
制作担当:藤川仁志
制作進行:野邊伸泰 
設定制作:株本毅
製作:リフレイン年ライジング組

キャスト

相川歩:間島淳司
ユー:月宮みどり
ハルナ:野水伊織
セラ:日笠陽子
トモノリ:金元寿子
織戸:吉野裕行
平松妙子:山口理恵
サラス:合田彩
三原かなみ:美名
下村:瀧澤樹
男衆:近木裕哉
     山本和臣
     江藤博樹
妄想ユー:平野文

コメント

続編放映前の復習・その1。
OVAと言えば当然、TVでは放送規制という壁のため放映出来ないあんなカットやらそんな展開やらまさかそこまでみたいな画なんかは当然サービスとして盛り込まれているのが常識。
本編ですら、際どいサービスを連発していたこの作品。当然OVAなので、サービスカットは盛り込まれている。男のちょっと盛り上がった股間がアップになったり、歩の生尻見せたり、アナル開発されて悶える歩の姿とか……アレ、なんか違うよ、これ? まぁ、でもこの作品らしいって言えばそうなんだけれども(もちろんパンチラ、ブラチラなんかはありますが)。
妄想ユーの声が平野文とかスペシャルゲスト過ぎるのも良かったと思うし(ラムちゃんが喋ってるよ!)、歩のケツを見て発情するサラスさんなんかも意味不明で妙に面白かった。
本編もこんな感じでまたおバカを貫いて欲しい。【K1】(12/4/10)