修了生の作品&教室のコーディネート作品

 2006年の春に西早稲田にある早稲田奉仕園で開講して以来、高野優翻訳教室ではリーディングや雑誌の掲載する小説の翻訳をはじめ、数多くの修了生に、「翻訳の仕事」に携わっていただいています。ここではそのうち、修了生の作品と、教室がコーディネート――出版社に翻訳者を紹介し、時には翻訳のチェックにも関わった作品をご紹介します。その数は現在、30点以上、仕事に携わっていただいた方は、70名を超えています。
その女アレックス


ピエール・ルメートル
文藝春秋 (2014.9)

あなたの予想を全て裏切る究極のサスペンス!
監禁され、死を目前にした女アレックス――彼女の心に秘められた壮絶な計画とは? 英米ミステリ界を戦慄させた驚愕と慟哭の傑作!

【翻訳】
橘 明美(バベルの修了生)
【下訳】
伊藤壽彦(オンライン講座)、白瀬コウ(通学講座)、藤原修(オンライン講座)
【翻訳者・下訳者紹介】
高野優フランス語翻訳教室

自信をもてない人のための心理学


フレデリック・ファンジェ
紀伊國屋書店 (2014.9)

あなたの人生を難しくしている〈思い込み〉から自由になろう。
自信は、〈自己評価〉〈行動〉〈自己主張〉から成り立っている――自分で簡単にできる心のトレーニングで自信を育て、悪循環から抜け出す方法を、精神科医が豊富な事例と図表でやさしく説く。
5か国語で刊行、フランスのロングセラー。

【監訳】
高野 優
【翻訳】
内山奈緒美(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)

フランス語で読む八十日間世界一周


ジュール・ヴェルヌ
IBCパブリッシング株式会社 (2014.8)

これまでに何度も映画化された、SFの父・ジュール・ヴェルヌの冒険小説をやさしいフランス語で楽しもう。
 
フォッグ氏は、クラブの仲間と賭けをし、80日間で世界を一周する旅に出ることに。同じころ、ロンドン市内の銀行から紳士風の男によって大金が盗まれた。フォッグ氏が犯人だと考えたフィックス刑事は、逮捕すべくそのあとを追う。はたして犯人はフォッグ氏なのか。そしてフォッグ氏は約束の時間にロンドンに戻ってこられるのか。インドから香港、そして日本へ。忠実な召使いパスパルトゥーを連れて、今、世界一周の旅が始まる。

【リライト・解説】
西村亜子(視点と時制の講座、オンライン・フィクション講座)
【翻訳】
高野 優
【翻訳チェック】
坂田雪子(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)

ハリー・クバート事件(上巻・下巻)


  
ジョエル・ディケール
東京創元社 (2014.7)

デビュー作が大ヒットして一躍ベストセラー作家となった新人マーカスは第二作の執筆に行き詰まっていた。そんな時、頼りにしていた大学の恩師で国民的作家のハリー・クバートが、少女殺害事件の容疑者となる。33年前に失踪した美少女ノラの白骨死体が彼の家の庭から発見されたのだ! マーカスは、師の無実を証明すべく事件について調べ始める。全ヨーロッパで200万部のメガセラーとなったスイス人作家ディケールのミステリ登場。

【翻訳】
橘 明美
【翻訳者紹介】
高野優フランス語翻訳教室

パーフェクトな女なんて目指さない! ふつうの女性のためのサバイバル・ガイド


アンヌ=ソフィー・ジロー/マリー=アルディーヌ・ジロー
早川書房 (2014.7)

フランスで40万部突破! 完璧を求める社会や男たちに疲れた、現代を生きる女性のための実践的サバイバル・ガイド。面倒に巻き込まれない酔い方から、男のコントロール法まで様々なティップ満載

【翻訳】
田中裕子(バベルの修了生)
【翻訳協力】
株式会社リベル
【翻訳者紹介】
高野優フランス語翻訳教室

コダクロームフィルムで見る ハートマウンテン日系人強制収容所



ビル・マンボ(写真)/エリック・L・ミューラー(編)英語からの翻訳
紀伊國屋書店 (2014.7)

1942年、日系二世のビル・マンボは、カリフォルニア州の自宅からワイオミング州の強制収容所に移された。その彼が、有刺鉄線の中で暮らす家族の日常、盆踊り・相撲のような日系人収容所ならではの風物詩を撮影。当時では珍しい鮮やかな63点のカラー写真から、収容所生活の実際が浮かび上がる。研究者による考察や元収容者のエッセイを付し、写真の理解を助ける。

【翻訳】
岡村ひとみ(視点と時制の講座、視点の復習講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
【翻訳者紹介】
高野優フランス語翻訳教室

火曜日の手紙


エレーヌ・グレミヨン
早川書房 (2014.6)

1975年、パリ。
母の葬儀を終えたあとのカミーユに、ルイという男性から謎めいた手紙が送られてきた。宛先を間違えたのだろうか? しかし、それから毎週、ルイの手紙は届いた。 ともに育った初恋の少女アニー、村の豪邸に暮らす夫婦、忍び寄る第二次世界大戦……ルイが書きつづる話に、カミーユは引き込まれていく。しかし、彼女は次第に疑いをいだきはじめる。自分自身もこの物語の一部なのではないだろうか――。
フランスで五つの文学賞を受賞し、40万部を突破した、「秘密」と「愛」の物語。

【翻訳】
池畑奈央子(オンライン・フィクション講座、視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)

借りの哲学


ナタリー・サルトゥー=ラジュ
太田出版 (2014.3)

私たちの持っているもので、人から借りていないものがあるだろうか?

「借り」を軸に『聖書』『ヴェニスの商人』『贈与論』などのテクストを読みなおし、「借り」の積極的価値を考察する。資本主義再考の基本文献、待望の翻訳。

【監訳】
高野 優
【翻訳】
小林重裕(視点と時制の講座、フィクション講座)
【翻訳コーディネート】
株式会社LETRAS

婦人科医が答える誰にも聞けないセックスの悩み


フランソワ・オリヴァンヌ/ソフィ・ブラムリー
太田出版 (2014.1)

フランスの有名婦人科医ドクター・Oが幅広い年代の女性のセックスにまつわるあらゆる悩みを優しく明快に解決。こころもからだも満たされる完全バイブル。全64項目収録。

【翻訳】
大林 薫(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
【翻訳コーディネート・編集】
株式会社LETRAS
【翻訳者紹介】
高野優フランス語翻訳教室

星の王子さまのメモワール ――アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの軌跡


ジャン=ピエール・ゲノ
駿河台出版社 (2013.10)

ジャン=ピエール・ゲノと星の王子さまが出会った。ふたりは、飛行家で作家のサン=テグジュペリの生涯を1冊の写真集にまとめた。ここには、作家が大切にしていた品々や、在りし日の姿が偲ばれるもの―写真や記録文書、絵、自筆の手紙などが多数紹介されている。さらに、それらに輝きを与えているのが、著作、書簡、草稿、手帳の山から、金塊さながらに掘り起こされた作家自身の“声”である。つまり、これはサン=テグジュペリの心の記録といえよう…。『星の王子さまの記憶』は、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの記憶であると同時に、その子供時代、その情熱、その愛、そして、その苦悩の記憶なのだ。飛ぶことと、書くことだけに慰めを見いだした、哀しきアルバトロスの記憶。

【翻訳】
大林 薫(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
【翻訳協力】
株式会社リベル

ボルジア家風雲録(上巻・下巻)


  
アレクサンドル・デュマ
イースト・プレス (2013.8)

十五世紀末、イタリアでは小国が乱立し、スペインやフランスなど強大な隣国の狙うところとなっていた。カトリック教会の総本山ヴァチカンも内外の勢力に翻弄されつづけていたが、巧みな駆け引きと財力によって、枢機卿ロドリーゴ・ボルジアは教皇アレッサンドロ6世として即位、教会勢力の強化に動き出す…。ルネサンス期イタリアを熱く駆け抜けた一族、その華麗なる軌跡!

【翻訳】
吉田良子(バベルの修了生)
【翻訳者紹介】
高野優フランス語翻訳教室

精神科医がこころの病になったとき


クリストフ・アンドレ
紀伊國屋書店 (2013.7)

フランスの精神科医や心理療法士たち21人が、みずからの抱えたうつ病、社交不安障害、閉所恐怖症、パニック障害、虐待のトラウマ、薬物依存、パワーハラスメントなどの精神的な病や悩みを正直に告白。どう対処してきたかを平易な文章で綴っている。

【総監訳】
高野優
【監訳】
伊藤直子(オンライン・フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
臼井美子
(視点の復習講座)、
坂田雪子
(視点の復習講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
荷見明子(視点の復習講座)
【翻訳】
伊藤壽彦(オンライン・フィクション講座、オンライン視点と時制の講座)、川口明百美(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)、海野美登里(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)、長富絵梨子(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)、歌田純子(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)、三本松里佳(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)、川瀬順子(オンライン・フィクション講座、オンライン視点と時制の講座)、中村忍(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)、ドゥッセルあや子(オンライン・フィクション講座、オンライン視点と時制の講座)、宮下久美子(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)、宮地明子(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)光森ちづこ(オンライン・フィクション講座、オンライン視点と時制の講座)、吉田幸子(視点と時制の講座、オンライン・フィクション講座)、亀井美穂(フィクション講座、オンライン・フィクション講座)、澤田理恵(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)、柴沼恭子(オンライン・フィクション講座、オンライン視点と時制の講座)、白瀬コウ(視点と時制の講座、フィクション講座)、鈴木香子(フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)、須藤紀子(視点と時制の講座、ノンフィクション・リライト講座、オンライン・フィクション講座)、練合薫子(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)、平山恭子(オンライン・フィクション講座、オンライン視点と時制の講座)、広野和美(フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
【翻訳者紹介】
高野優フランス語翻訳教室

リュパン、最後の恋


モーリス・ルブラン
東京創元社 (2013.7)

突然命を絶ったレルヌ公が美しい娘コラに残した遺書には、四人の男友達のなかにいるはずのリュパンの正体を突きとめて彼に頼るようにとあった。折しも彼女と英国の王位継承権を持つ公爵との縁談が持ち上がり…。リュパン最後の、真実の恋の物語。遺族の序、ルブラン自身のエセー、リュパン研究の第一人者J・ドゥルアール「モーリス・ルブラン、最後の小説」を併録した完全版。

【監訳】
高野 優
【翻訳】
池畑奈央子(オンライン・フィクション講座、視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
【翻訳チェック 序文・巻末エッセー翻訳】
坂田雪子(視点の復習講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)

オスカー・ピルシリーズ


  
『オスカー・ピル1 体内に潜入せよ!』(上巻・下巻)
エリ・アンダーソン
角川書店 (2012.2)

オスカー・ピルは12歳の少年。母と姉とごくふつうにくらしていたが、ある日突然やってきた使者から、実はメディキュスになるという隠れた才能をもっていると告げられる。メディキュスとは、魔法で人間の体内に入り、病気を治す力をもつ人々のこと。その日から、オスカーの不思議な冒険の日々がはじまった。医学ファンタジーの傑作。

【翻訳】
坂田雪子(視点の復習講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
【翻訳者紹介】
高野 優


  
『オスカー・ピル2 メディキュスの至宝を守れ!』(上巻・下巻)
エリ・アンダーソン
角川書店 (2013.5)

人のからだに侵入し、ひどい病気にすることで世界征服をもくろむ“パトロギュス団”リーダーの“黒いプリンス”が脱獄したことで、世界はふたたび深刻な危機にさらされていた―。“パトロギュス団”に対抗できるのは、体内に入り病気を治せる“メディキュス団”だけ。その能力を受けつぐ少年、オスカー・ピルは世界を救うために立ちあがる!たのしく体の秘密がわかる、傑作ファンタジー!

【翻訳】
坂田雪子(視点の復習講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
【翻訳者紹介】
高野 優

コスメティーク・ベストガイド 2013-2014 日本語版


ロランス・ヴィトネル/エレーヌ・ルエノ
スタンダードマガジン (2013.4)

フランスのコスメ格付決定版日本初登場!150カテゴリー、全1050製品を完全網羅。化粧品選びのための新バイブル。

【監修】
瀬口美香
【翻訳】
大林薫(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
【下訳】
赤木 理恵(オンライン講座)、浅沼 恵美(通学講座)、阿部 麻里子(通学講座)、飯川 奈津子(通学講座)、池田 美琴(オンライン講座)、池畑 奈央子(オンライン講座、通学講座)、伊藤 直子(オンライン講座、通学講座)、内山 奈緒美(通学講座)、大泉 ゆかり(オンライン講座)、大清水 智真(通学講座)、亀井 美穂(オンライン講座、通学講座)、川口 明百美(通学講座)、河村 真紀子(バベル修了生)、工藤 惠子(オンライン講座、通学講座)、郷 奈緒子(通学講座)、坂田 雪子(通学講座)、鷺 奈美(通学講座、オンライン講座)、澤田 理恵(通学講座)、三本松 里佳(通学講座)、繁松 緑(通学講座)、島津 智子(オンイラン講座)、清水 まり子(通学講座)、末継 昌代(オンイラン講座)、竹若 理衣(通学講座)、立原 詩乃(通学講座)、立石 菜摘(オンライン講座)、谷合 裕香子(オンライン講座、通学講座)、Dudemaine 美樹(オンライン講座)、土居 佳代子(通学講座)、永澤 光香(オンライン講座)、中島 由貴子(オンライン講座)、練合 薫子(通学講座)、美濃部 美恵子(通学講座)、宮越 とし子(オンライン講座)、宮地 明子(通学講座)、村田 聖子(通学講座)、本山 夏希(通学講座、オンライン講座)、吉田幸子(通学講座、オンライン講座)、吉野 さやか(通学講座、オンライン講座)、吉本 綾子(オンライン講座)
【翻訳コーディネート・編集】
株式会社LETRAS
【翻訳者紹介】
高野優フランス語翻訳教室

ヴェルサイユの女たち 愛と欲望の歴史


アラン・バラトン
原書房 (2013.3)

ルイ13世からマリー・アントワネットの時代まで、絢爛豪華なブルボン朝を彩った一癖ある女たちは、どんな愛をどんな場所でささやいたのだろうか?「宮殿」「庭」を切り口に、ヴェルサイユ宮のベテラン庭師だから書けた、国王、王妃、愛妾たちの愛と欲望の人間模様。どんなガイドブックにも載っていない「裏」ヴェルサイユ。

【翻訳】
園山千晶(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
土居加代子(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
村田聖子(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
【翻訳協力】
株式会社リベル

嫉妬の日々


カトリーヌ・ミエ
早川書房 (2012.8)

奔放な性生活を送っていた女は、理想の夫との出会いにより、快楽には愛が不可欠だと知る。だがそれゆえに女は夫の女性関係への嫉妬に狂う。『カトリーヌ・Mの正直な告白』著者の自伝的エッセイ

【翻訳】
那須英子
【翻訳者紹介】
高野優フランス語翻訳教室

図説 死因百科


マイケル・ラルゴ 英語からの翻訳
紀伊國屋書店 (2012.7)

膨大な死亡記録を渉猟した著者による、いっぷう変わった死にかた事典。245項目の死因を50音順に解説し、関連するミニコラムや図版を多数収録。「死」の断面から読むアメリカ文化史。

【監訳】
橘 明美(バベル修了生)
【翻訳】
臼井美子(視点の復習講座)
荷見明子(視点の復習講座)
坂田雪子(視点の復習講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
竹若理衣(視点の復習講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
長谷川由布子(フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
吉川綾香(フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)

2033年 地図で読む未来世界


ヴィルジニー・レッソン
出版:株式会社 早川書房 (2012.6)

20年後の世界はバラ色か、それとも…? ベストセラー『地図で読む世界情勢』の著者が、100点以上の地図と図で鮮やかに解説する

【翻訳】
田中裕子(バベル修了生)
【下訳】
小林重裕澤田理恵三本松里佳繁松緑白勢孝夫園山千晶土居佳代子美濃部美恵子宮地明子村田聖子(いずれも通学講座で視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座等を修了)

原発大国の真実 ――福島、フランス、ヨーロッパ、ポスト原発社会へ


コリーヌ・ルパージュ
長崎出版 (2012.6)

元フランス環境大臣が明かす、フランス原子力政策の暗闇。世界を支配していた安全神話からの脱却、脱原発への政治的経済的提案など、原発大国フランスのいまと未来を語る。

【翻訳】
大林薫(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
【翻訳協力】
株式会社リベル

庭園の五人の子どもたち アントワーヌ=ド・サン=テグジュペリとその家族のふるさと


シモーヌ・ド・サン=テグジュペリ
吉田書店 (2012.4)

世界中で読み継がれる『星の王子さま』の原点がここにある。いつまでも子どもの心を持ち続けた作家、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの幼少期が、実姉シモーヌの巧みな筆致と豊富な写真によって生き生きと描かれる。

【翻訳】
谷合裕香子(視点と時制の講座、フィクション講座)

月曜日のリスはさびしい(上巻・下巻)


  
カトリーヌ・パンコール
早川書房 (2012.2)

ベストセラー作家となったジョゼフィーヌ(ジョー)だが、過去のつらい思い出にとらわれ、前向きになれずにいた。ある日、ジョーはマンションのごみ置き場でノートを見つける。そのなかには、ある一人の青年が映画スターと親しくなっていく様子が、瑞々しい文章でつづられていた。ジョーはその日記に心を打たれ…フランスでシリーズ累計400万部突破。個性豊かな登場人物を描き出したミリオンセラー、シリーズ完結の第三弾が登場。

【監訳】
高野 優
【翻訳】
臼井美子(視点の復習講座)

カメのスローワルツ(上巻・下巻)


  
カトリーヌ・パンコール
早川書房 (2012.2)

歴史小説『かくも献身的な王妃』がベストセラーとなった後、パリに引っ越してきたジョゼフィーヌ(ジョー)と娘たち。しかし、ジョーを待っていたのは一筋縄ではいかないことばかり。姉のイリスは入院し、母には責められる。娘たちもどことなく冷たい。そこに事件が起きた。夜道でナイフを持った何者かに襲われたのだ―フランスでシリーズ累計400万部を突破した人気作、急展開の第二弾が登場。

【監訳】
高野優
【翻訳】
荷見明子(視点の復習講座)

ワニの黄色い目(上巻・下巻)


  
カトリーヌ・パンコール
早川書房 (2011.10)

パリ郊外に住むジョゼフィーヌ(ジョー)は、中世フランスの研究をしている引っ込み思案な女性。娘二人と夫との家庭は、平凡ながら幸せなはずだった。夫が愛人と家を出るまでは。家計のやりくりに困ったジョーは、くじけそうになりながらも、必死に仕事に励む。そこに、自信家で美人の姉イリスが、予想外の提案をする―「ジョー、わたしのかわりに小説を書いて」と。悩みながらも道をきりひらいていく女性を描き、フランスで圧倒的支持を受けた波瀾万丈なサクセス・ストーリー。

【監訳】
高野優
【翻訳】
池畑奈央子(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座、オンライン講座)

調香師日記


ジャン=クロード・エレナ
原書房 (2011.12)

エルメスの調香師が南仏、パリ、東京…で綴った香水の創作日記。

【監修】
新間美也
【翻訳】
大林薫(視点と時制の講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
【翻訳協力】
株式会社リベル

死のテレビ実験 ――人はそこまで服従するのか


クリストフ・ニック/ミシェル・エルチャニノフ
河出書房新社 (2011.8)

相手がクイズでまちがえるたびに電気ショックを与えるよう命令される、過激な新番組が企画された―。殺してしまうかもしれない緊張のなか、テレビカメラの前で人間はどうなってしまうのか!?衝撃の心理実験ドキュメント。

【監訳】
高野優
【翻訳】
坂田雪子(視点の復習講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
竹若理衣(視点の復習講座、フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
長谷川由布子(フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
吉川綾香(フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)

時の書シリーズ


『時の書T 彫刻された石』
ギヨーム・プレヴォー
くもん出版 (2010.1)

十日前、サムの父親が消えた。十四歳の誕生日に父親が営む古書店にやってきたサムは、秘密の小部屋を発見する。そこで見つけたものは、古びた革製の赤い本と、穴のあいたコイン、太陽の絵が彫刻された魔法の石碑だった。今、「時の書」の一ページが開かれる…。

【翻訳】
伊藤直子(オンライン・フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
【翻訳者紹介】
高野優フランス語翻訳教室


『時の書U 七枚のコイン』
ギヨーム・プレヴォー
くもん出版 (2009.11)

十日前、サムの父親が消えた。十四歳の誕生日に父親が営む古書店にやってきたサムは、秘密の小部屋を発見する。そこで見つけたものは、古びた革製の赤い本と、穴のあいたコイン、太陽の絵が彫刻された魔法の石碑だった。今、「時の書」の一ページが開かれる…。

【翻訳】
伊藤直子(オンライン・フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
【翻訳者紹介】
高野優フランス語翻訳教室


『時の書V 黄金の環』
ギヨーム・プレヴォー
くもん出版 (2009.11, 2010.1)

十日前、サムの父親が消えた。十四歳の誕生日に父親が営む古書店にやってきたサムは、秘密の小部屋を発見する。そこで見つけたものは、古びた革製の赤い本と、穴のあいたコイン、太陽の絵が彫刻された魔法の石碑だった。今、「時の書」の一ページが開かれる…。

【翻訳】
伊藤直子(オンライン・フィクション講座、ノンフィクション・リライト講座)
【翻訳者紹介】
高野優フランス語翻訳教室

ノーベル賞医学賞受賞者が教える
病気を寄せつけない賢い生き方 
自分を守るのは、この簡単なルールです!


リュック・モンタニエ
イースト・プレス (2009.10)

知っていましたか?長く生きるから老いるのではない―体がサビることが「老化」なのです!体をボロボロにする「酸化ストレス」に対抗し、病気や疲労、新型ウイルスから身を守る方法を、2008年度ノーベル医学・生理学賞受賞の著者が具体的に説き明かす。

【翻訳】
田中裕子(バベル修了生)
【翻訳者紹介】
高野優フランス語翻訳教室

変な学術研究シリーズ


『変な学術研究1』
エドゥアール・ロネ
早川書房 (2007.5)

欧州宇宙機関は、おなら感知探査機を打ち上げて火星人の存在を確認しようとした。英国南極研究所は、飛行機が上空を通過するとペンギンが転ぶという噂の真相を確かめるため、軍隊までかりだして実験をした…とんでもない笑い話に聞こえるが、当の科学者たちは至極まじめに研究しているのである。時にイグノーベル賞を受賞してしまうほどの大研究をなんと54本も一挙に紹介!知の魅力を凝縮したサイエンス・コラム集

【監訳】
高野 優
【翻訳】
柴田 淑子(バベル修了生)


『変な学術研究2』
エドゥアール・ロネ
早川書房 (2007.11)

悪ふざけで釣りたてピチピチの魚を飲み込んだらなんと窒息死!ちょっとしたお楽しみのためにガムテープで口をふさいだらそのままご昇天…誰もが平穏な死を迎えるとは限らない殺伐とした現代で、不可思議な死の真相を暴いてくれる法医学者たちの冷静な仕事ぶりに密着。殺人、自殺、病死、事故死などあらゆる死の現場に立ち向かう彼らには涙を流すヒマなどない。めざすはただ真実のみ!超ドまじめサイエンス・コラム集。

【監訳】
高野 優
【翻訳】
柴田 淑子(バベル修了生)




こんな方も訳書を出していらっしゃいます!

 バベルで講師を務めていた時代から、教室で授業を受けてくださった生徒さん、あるいは仕事を通じて翻訳のアドバイスをした方のうち、高野が直接、デビューのお手伝いをした方を主な訳書とともにご紹介します。

遠藤ゆかりさん

『神はなぜ生まれたか』、『一神教の誕生』、『古代インドの神』、『中国と日本の神』。以上、オドン・ヴァレ著、創元社「神の再発見」双書。

『ナポレオンの生涯』ティエリー・レンツ。 『聖母マリア』シルヴィ・バルネイ。『王妃マリー・アントワネット』エヴリーヌ・ルヴェ。『奇跡の少女ジャンヌ・ダルク』レジーヌ・ペルヌー。『ガウディ』フィリップ・ティエボー。『ルーヴル美術館の歴史』ジュヌヴィエーヴ・ブレスク。『ヴェルサイユ宮殿の歴史』クレール・コンスタン。『ダリ』ジャン=ルイ・ガイユマン。以上、創元社「知の再発見」双書。

『私のからだは世界一すばらしい』アンドレ・ジオルダン(東京書籍)など。



「授業の思い出」 こちらをクリック

小高美保さん

『赤い航路』パスカル・ブルックナー(共訳 扶桑社)
『戯曲アルセーヌ・ルパン』モーリス・ルブラン、フランシス・ド・クロワッセ(論創社)など。



「授業の思い出」 こちらをクリック

藤丘樹実さん

『タンデム』パトリス・ルコント(共訳 扶桑社)

『旧約聖書の世界」ミレーユ・アダス・ルベル。『シュリーマン・黄金発掘の夢』エルヴェ・デュシエーヌ(共訳)。『ダーウィン--進化の海を旅する』パトリック・トール(共訳)。『日本の歴史』ネリ・ドゥレ(共訳)。以上、創元社「知の再発見」双書および「神の再発見」双書。

『列車に乗った男』クロード・クロッツ(アーティストハウスパブリッシャーズ)



「授業の思い出」 こちらをクリック


後藤淳一さん


『ヨーロッパ未来の選択』、『ジャック・アタリの核という幻想』。以上、ジャック・アタリ著。原書房。

『レオナルド・ダヴィンチ』アレッサンドロ・ベッツォシ。『ローマ教皇』フランチェスコ・シオヴァロ、ジェラール・ベシエール。『チベット』フランソワーズ・ポマレ。『錬金術』アンドレーア・アロマティコ。『ノストラダムス』エルヴェ・ドレヴィヨン、ピエール・ラグランジュ、など。以上、創元社「知の再発見」双書

『自分らしさとわがままの境で』アンヌ・ガリグ(草思社)など。



「授業の思い出」 こちらをクリック

橘 明美さん

仕事でハッピーになる魔法の言葉』、『子どもとハッピーになれる魔法の言葉』。以上、ドミニック・グロシュー。『人生を変える3分間の物語』ミシェル・ピクマル。以上、PHP研究所。

『アモス・ダラゴン 第3巻神々の黄昏』、『アモス・ダラゴン 第9巻黄金の羊毛』。以上、ブリアン・ペロー著。竹書房。

『3歳で、ぼくは路上に捨てられた』ティム・ゲナール。『生贄の女 ムフタール』ムフタール・マーイー。以上、ソフトバンククマリエイティブ。



「授業の思い出」 こちらをクリック


臼井美子さん


『フランスワイン格付け』M・ベタンヌ T・ドゥソーヴ(共訳、料理王国社)

『アモス・ダラゴン 第2巻ブラハの鍵』、『アモス・ダラゴン 第8巻ペガサスの国』。以上、ブリアン・ペロー著。竹書房。



「授業の思い出」 こちらをクリック


中川潤一郎さん

『秘められた部分』ネジュマ(共訳、文藝春秋)

『倒錯の森 女精神科医ヴェラ』ヴィルジニ・ブラック(文春文庫)



「授業の思い出」 こちらをクリック