遠藤ゆかりさん

『神はなぜ生まれたか』、『一神教の誕生』、『古代インドの神』、『中国と日本の神』(以上オドン・ヴァレ著、創元社「神の再発見」双書)

『ナポレオンの生涯』ティエリー・レンツ。 『聖母マリア』シルヴィ・バルネイ。『王妃マリー・アントワネット』エヴリーヌ・ルヴェ。『奇跡の少女ジャンヌ・ダルク』レジーヌ・ペルヌー。『ガウディ』フィリップ・ティエボー。『ルーヴル美術館の歴史』ジュヌヴィエーヴ・ブレスク。『ヴェルサイユ宮殿の歴史』クレール・コンスタン。『ダリ』ジャン=ルイ・ガイユマン(以上、創元社「知の再発見」双書)。

『私のからだは世界一すばらしい』アンドレ・ジオルダン(東京書籍)など多数。



授業の思い出


私が先生のご指導を受けたのは10年以上前のことになりますが、いまでも強烈に心に刻まれていることは、翻訳で一番大事なことは「原文の魂をすくう」ことだという先生のお言葉です。教室に通っていたころ、私は原文の表層部分にばかり目がいって、それを一見なめらかな日本語に訳して満足していたのですが、そういう小手先の技術をいくら覚えたところで良い翻訳にはならない、と先生に指摘されたのでした。いまでも、自分の訳文がどうもしっくりこないと思うときは、「原文の魂をすくいきっていない」ことが多いのです。

またこのことと関係があるのですが、原文を一字一句日本語に置きかえるのが翻訳ではなく、原文の思想を日本語に移しかえるのが翻訳なのだから、意訳だと人から指摘されたとしても、どうして自分がそういう訳文をつくったのかをきちんと説明できれば問題はないのだから、なにも恐れることはないというお言葉も、教室時代からいままでずっと、私を力づけてきました。

そして、これは翻訳術とは関係のないことですが、あるとき先生が授業中に、翻訳を仕事にしたいのなら、いつかある時点で、自分のなかでそう決意しなければならない、という趣旨のことをおっしゃいました。当時私は公務員として働いていたので、もしリーディングなどの仕事をさせていただけるような機会が訪れたとしても引き受けることはできなかったので、数ヵ月間考えたのちに退職しました。その時点で翻訳の仕事がいただける可能性があったわけでもなく、その後数年間はアルバイトをしながら勉強にはげみましたが、先生のお言葉がなければ、本気で翻訳家をめざそうとは思わなかったし、いまの私もなかったと思います。